株式会社ウィルウェイの非常勤講師・パート・アルバイト採用サイト

馬渕教育グループ 非常勤講師・パート・アルバイト採用情報

馬渕教育グループ 中途社員(正/契)採用情報

働き方から馬渕教室の求人を探す

先輩講師インタビュー

木佐 和善

馬渕教室 高校受験事業部
校長・エリア長(2010年入社)

変革することを恐れない柔軟な社風で、
教えることを追求できる環境。

塾教師になるまでの経緯
大学でアルバイト採用の塾講師を始めたのですが、受験を通して多くの子どもたちが自分を必要としてくれることに大きなやりがいを感じました。生徒の中には、大学生になってアルバイト講師として塾に帰ってきてくれる者もいて、“教育とはずっと繋がっていく仕事”だと、学生のアルバイト講師ながら実感。教員志望でしたが、教えることを深く追求するなら学校よりも塾の方が適していると思い、大学卒業後は塾業界の道を選びました。
ウィルウェイを選んだ理由
ウィルウェイは、子どもの人口減少に伴う縮小市場の中にあっても、馬渕教室など新しく校舎を展開して新規の地域で確実に実績を築いていました。私はいくつかの塾で講師経験を積むうち、塾によって運営・教育方針が異なることが分かってきました。校舎ごとの自由度がほとんどないところもあり、徐々にやりたい事とできる事との間でギャップを感じるようになったのです。馬渕教室のウィルウェイなら自分の思い描く仕事環境があるのではないかと求人に応募、採用してもらいました。
ウィルウェイはどんな会社?
馬渕教室のウィルウェイは、個人の意見が通りやすく風通しの良い会社です。例えば、生徒が授業終了後に補習をするため、スクールバスの特別便を増やしたいと声を上げたところ採用されました。欠席した授業を自習できるウェブ授業も始まるなど、良いアイデアなら他の校舎にもどんどん取り入れます。「すべては生徒のために」という創業からの理念は守りながら、教育システムや指導方法の変革は恐れません。研修の充実ぶりも特長で、塾講師にとらわれず、ビジネスパーソンに求められるスキルを身に付けることができます。
今後のキャリアステップ
現在、馬渕教室校長と複数校舎を管轄するエリア長を兼任しています。自分に与えられた職責が非常に重いものであると十分に認識していますので、現在の仕事を全うすることを第一に考えています。教育の質の向上と均一には、アルバイト講師を含めた人材育成がとても重要な意味を持ちます。校長・エリア長といったリーダーとなる人材をもっときめ細かく育成できるような役割を担えればと思っています。

浅居 聖子

馬渕教室 個別指導事業部
教室長(2011年入社)

子供たちのために自分には何ができるのか、
それをしっかりと考える。

教育業界に就職した経緯
学生時代にアルバイト採用で家庭教師をしていたとき、問題が解けたり、テストの点数や成績が伸びて子どもが喜んでいるとすごく嬉しくて、これが人をサポートする仕事を目指すきっかけになったと思います。学校の先生に教わったことや家庭教師の経験など、自分の生活の中にはいつも教育が身近にあり、これも教育業界を志望した動機の一つ。ある個別指導塾で経験を積んだ後、「生徒のことを第一に考える個別指導を今から一緒に創り上げましょう」というメッセージに惹かれ、馬渕教室のウィルウェイに転職しました。
ウィルウェイはどんな会社?
結果だけではなく、結果に至る過程もしっかり評価してくれる会社です。合格実績や生徒数など分かりやすい評価基準だけではなく、保護者の方との入室相談といった一律に数値化されない接遇・応対といった面もしっかりチェックしてくれます。自分では特に意識していなかった接遇やマナーですが、アルバイト採用を含む中途採用者の研修を任され、自分自身では分からなかった長所に気付かせてもらえました。成長、活躍できるポジションを与えてもらえるので、楽しさとやりがいを感じる環境です。
個別指導という仕事
小学6年の夏休み前に、中学受験のため入室した生徒がいました。試験日まで一年もなく、受験向けの勉強をしたこともない。目標達成へ厳しい状況でしたが、保護者の方の受験対策用の面談を繰り返し、講師たちもできる限りのサポート。なにより生徒本人が諦めずに努力した結果、前期試験は不合格も、後期試験はラストスパートの頑張りもあって見事合格!! 皆で喜びを共感でき、嬉しさで胸が一杯になりました。生徒はそれぞれの夢を抱えてやってきます。一人でも多くの生徒に、夢の後押しができるよう私たちは頑張っています。
今後の展望・メッセージ
教育の質を高めて生徒の満足度を上げ、より充実した馬渕教室に育てたい。研修担当の経験を活かし、アルバイト講師を含め人材育成のキャリアをさらに深めたいと思います。入社を検討されている方は、私たち個別指導員が接している対象は、モノではなくヒトだということ、将来がある子どもたちのために、自分には何ができるのかをしっかり考えてください。そして仕事を通して、これは人に負けないというものを見つけて磨いて欲しいですね。

納谷 尚吾

馬渕教室 高校受験事業部
教師(2014年入社)

他業界からの転職でも前職で培ってきた経験や
目線を活かせる職場。

他業界から塾業界に移った経緯
中・高時代に友人からテスト勉強の教え方が分かりやすいとよく言われました。大学時代もアルバイト採用の家庭教師をしたり、研究室で積極的に後輩のサポートをしたりしているうちに、教えることが好きだと自覚するようになりました。大学卒業後は銀行員になりましたが、入社して数年経つと、徐々に「人に何かを教えたい」という気持ちが大きくなり、思い切って塾教師に転職。前塾で2年間教鞭をとった後、馬渕教室のウィルウェイの求人に応募し採用してもらいました。
ウィルウェイを選んだ理由
採用された馬渕教室の授業で感じたのは、教え方には様々な方法があるということ。質問してきた生徒にすぐに解き方を教えず、生徒自身に考えさせることは大事なのですが、これ一辺倒では困る子どもが出てきてしまいます。勉強はやり始めがポイントで、“やろう!”という気持ちを持てれば自分で勉強を進めることもできます。子どもたちの入口のハードルの高さはそれぞれ。入口まで来られない子どもがいるなら、手を引っ張って連れて来てあげたい。ウィルウェイの分かるようになるまで教えるというスタイルは、まさに自分が望むものでした。
ウィルウェイはどんな会社?
規模だけではなく質も常に変化している会社です。次々と新しい教育ツールや学習方法が導入されるので、システムの先進性と成長する勢いを体感することができます。勉強で困っている子どもを助けるという一点だけはぶれずに、他は柔軟に変化しながら進んでいます。教室運営の特徴は自由度の高さで、ウィルウェイでは一校舎に与えられている裁量が大きく、地域性を考慮した教室ごとの方針に合わせて運営ができます。他にも柔軟に変えられる場面は多く、アルバイト採用の講師も十分に力を発揮できる環境です。
中途入社者にアドバイス
担当教科ごとにアルバイト講師を含む研修が毎週実施され、模擬授業をして意見を出し合ったり、トップの教師の教え方を見て学んだりとスキルアップできる環境です。塾の先生というと、接客・接遇といったビジネスマンとしての意識が低いと思われがちですが、ウィルウェイでは違います。教師としての能力はもちろんですが、ビジネスマナーも重要視し、社会人としての器量が求められます。その分、塾業界以外の方が培ってきた色々な経験や目線を活かせる職場だと思います。教えることに興味があるなら、是非お来しください!
  • Check